小河原 貴弘

なりたい自分をイメージする、
そして仲間との絆を深めていく。
小河原 貴弘
センター長(管理職)

何故アルプスウェイに入社したのですか?

私は入社前、人間ウォッチングが好きだったので、人と接する仕事を選びたいと思っていました。運送業界の一般的なイメージとは逆の希望でしたが、結果として当社を選んで正解だったと思いますし、この仕事も人と接する仕事だと改めて感じています。この仕事は、人と関わり合いながら、自分を成長させることが出来る仕事だと思います。「生」の人の意見や温度を感じながら作り上げていく仕事だと思います。

振り返って、アルプスウェイでの20年はどのようなものでしたか?

とにかく良き上司、先輩、同僚、後輩、そして妻、家族に支えられての20年だったと思います。振り返ってみると私は、役職に対する欲より、自分を成長させる欲が強かったのかなと思います。職位はあくまでも結果であり、あまり強く目指していたわけではありませんでした。よくこんな私が…。今でもそう感じます。

若い皆さんが「何を生きがいとして働くのか」は私たちの世代とは違うかもしれませんが、アルプスウェイでは成長支援策として、法定座学や完全マンツーマンOJTに始まり、中型自動車運転免許等の免許取得支援制度や、運行管理者・衛生管理者等の国家資格取得支援制度が用意されており、皆さんの成長を手助けする制度が充実しています。

この会社なら、頑張ればなりたい自分になれるのかなと思います。

心に残っている言葉はありますか?

“One for All,All for One”

私が、とても好きで大切にしている言葉です。入社して間もない駆け出しの私に、当時の先輩が教えてくれた言葉です。

よく運転業務はマイペースな人に向いていると言われますが、当社ではチームプレーを意識できる方のほうが適しているかもしれません。キャリアアップして役職者になるとき、「個」の力だけでは目的を成し遂げることが難しくなるからです。「チーム」として自分と共に動ける仲間が何人いるかはとても重要です。ともにチームとして協力しあえる戦友としての絆づくりを大切にしてる人が、更に上のステージに上がれるのだと思います。

また、チームでなくては味わうことの出来ない達成感は、個人の達成感とは一味も二味も違うものがあります。それは職位が上がれば上がるほど、規模が大きくなればなるほど大きくなり、お金では決して買えないものでもあります。もちろん職位が上がれば収入も増え、自分の生活を豊かにでき、家族に対して少し贅沢をさせてあげられるようにもなりますので、仕事を通じてそれらのやりがいを得ることもできます。

株式会社アルプスウェイ 新卒採用サイト

入社からの流れ

入社~2年目
配送員
コンビニ向け店舗配送員としてトラックに乗務。
3~4年目
リーダー
配送業務の傍ら現場の問題点について班長(上司)に改善提案を行う。運行管理補佐業務も行い配送員と運行管理者とのクッション的役割を担う。当時は長野冬季オリンピック開催に伴い、イベントの最前線で活躍。
5~13年目
班長(主任)
運行管理者・衛生管理者の国家資格を取得。配送や新人指導、班運営の傍ら運行管理者として配車、乗務割作成などに従事する。現場改善の企画立案も行う。
14~16年目
係長
主任の指導・育成、各種イベントの準備、配送コース編成、管理指標集計業務、クレーム処理など。社内外への対応に中心的役割を担う。
17~19年目
サブセンター長
センター配送業務の実質的責任者。センター長業務を補佐。
20年目
センター長(管理職)
センター全体の責任者として採用、人事評価、事業予算・実績管理に従事する他、大手コンビニ本部との商談機会も多い。
2020年度卒の方エントリー