株式会社アルプスウェイ 新卒採用サイト

安全に働き続けるために

安全第一 !アルプスウェイのトラックの秘密

安全に働き続けるために

入念な労務管理

アルコールチェックの実施

配送業務を行うにおいて、配送員の体調管理も確実な安全の実現には必要不可欠です。

アルプスウェイでは、乗務前・常務後点呼時に呼気のアルコール測定を実施し酒気帯び運転を撲滅します。

測定結果と乗務の適否は電子記録として確実に保管しています。

配送管理支援システムの導入

配送車両はGPSを搭載し、運行管理室と位置情報をリアルタイムに共有します。

運行管理室では配送車両の現在地を地図上で視覚的に把握するとともに、定刻ダイヤグラムに対する早遅状況と、荷室の温度異常を監視します。

勤怠管理システムによる労務管理

ICチップ内蔵の社員証をタイムレコーダーにかざすことにより出退勤時刻を正確に管理しています。

非接触検温システムによる体調管理

顔認証により本人を特定、非接触で体温を計測し、体温異常があれば入室を制限するシステムを導入しました。職場はその他各種感染症対策を実施しています。

安全に働き続けるために

ハードウェアに留まらない安全への取り組み

安全と品質無くして顧客の信頼が無いこと、顧客の信頼無くして仕事が無いことを深く認識し、安全性と物流品質とを追究し続けることが、アルプスウェイの責務であり、そのために事故リスクを下げるように日々取り組んでいます。事故を起こさないことは、従業員自身の安全とご家族の安心にも繋がります。すべての関係者の安心のための取り組みの一部をご紹介します。

安全に働き続けるために

研修

職業ドライバーは毎年安全に関する知識を更新し続ける義務を負っています。アルプスウェイではこの安全教育を徹底している他、新入社員の法定教育や基礎教育を充実させています。

安全に働き続けるために

小集団活動

配送員が班と呼ばれる小集団を結成し、班長を中心に全員参加で危険予知トレーニングを実践し、危険感受性を高める訓練をしています。

安全に働き続けるために

追尾パトロール

事故リスクを下げるためには、事故に至る不安全要素を未然に発見し、それを確実に是正していくことが必要です。会社として安全ルールを定める傍らで、その履行状況を管理者が現場で追跡確認しています。

安全に働き続けるために

表彰制度

アルプスウェイでは、無事故無違反の恩恵を会社のみならず本人とも共有します。安全第一を旨とする当社は、代表自らが表彰式を主催し感謝の意を伝えます。アルプスウェイの経営理念を熟知する勤続年数の長い従業員や、当社の代表として選出される優秀配送員には表彰状が贈られその労を労います。

安全に働き続けるために

安全性優良事業所認定

アルプスウェイの安全への取り組みは、公益社団法人全日本トラック協会様による安全性評価により、安全性優良事業所という形でご評価を頂いております。その証として通称「Gマーク」を背負って走ることを許されています。